2007年04月28日

「風林火山」信濃の旅:1日目

20070429-31.jpg

去る4月28日29日、マクタロウと信濃、山梨を巡る「風林火山」の旅に行って参りました。
帰宅後すぐに記事にする予定が、ゴールデンウィーク明けに肺炎で入院、5月末に退院しましたが、もたもたしているうちに時間が過ぎ、8月も半ば(この記事を書いているのは8月8日)になってしまいました。少々、記憶が不鮮明な部分もありますが、当時を思い出しながら振り返ってみたいと思います。写真は川中島古戦場にある「信玄・謙信一騎討ちの像」の前で撮影したものです。



■由布姫の父の菩提寺「頼重院(らいじゅういん)」

20070429-03.jpg

大河ドラマ「風林火山」にハマり、いつかゆかりの地へ行ってみたいと思っていた私とマクタロウ。
当然の事ながら、ニニさんのコスプレもと大枚をはたいて「武田信玄フィギュア」を購入。
(フィギュアの画像は→こちら
当初は、全部を着せかえて行くつもりでしたが、あまりの装備のゴージャスさに陣羽織を脱がすのが精一杯でした。そんなこんなで、陣羽織を着せたニニさんと通常服バージョンの2体のニニさんを持ち、信濃目指して出発!まずは由布姫の父、諏訪頼多重の菩提寺である諏訪の「頼重院」(らいじゅういん)に立ち寄りました。

20070429-01.jpg

頼重は、天分11年(1542年)武田信玄に降伏し甲府へ送られ自害しました。墓は甲府の東光寺にありますが、一説寄ると、誰かが頼重の頭髪を持ち帰り、供養塔を作り、頼重院を建てて供養したそうです。写真の右側の供養塔(宝篋印塔)が、頼重供養塔。諏訪では最も古い様式だそうです。

20070429-02.jpg

さすがに供養塔と諏訪家のお墓(上の写真の左)の前で、ニニさんの写真を撮るのは、不謹慎かと思いましたので、向かい側の石碑の前で撮影。これがどんな石碑だったのかは残念ながらわかりませんでした。

この供養塔に行く途中、境内の中の法事らしき人たちが、私達を見て「あ!人が来てる!ほら、大河(ドラマ)を見て来たんじゃない?」と言っているのが聞こえ赤面!心の中で「その通りなんだよー!」と返事をするミーハーな私で御座いました。



■勘助と由布姫が出会った「高島城」

20070429-04.jpg

続いてやって来たのは城好きな私のためにマクタロウがチョイスしてくれた「高島城」。観光用のやぎを連れておじさんが道路から橋を渡っている姿にびっくり。時間がなかったので城内には入らず食事に向かいましたが、この記事を書くために調べたら、この「高島城」、原作中、諏訪家滅亡の際に、周囲から自害を促される由布姫と山本勘助が遭遇した諏訪氏の居城という事になっているお城でした。 史実では、この時期の高島城は茶臼山にあった山城で、現在地には豊臣秀吉の家臣・日根野高吉が築城。 かつては諏訪湖の波が城際まで迫り、別名「諏訪の浮城」と呼ばれた要塞だったそうです。

<参考>風林火山 由布姫のふるさと 小坂観音院



■大えび天丼が美味しい「食事処なごみ」

20070429-07.jpg

お昼を食べようと諏訪湖の回りを30分以上探したのですが、めぼしいところが見当たらず…、諏訪に来たからにはご当地の名物が食べたかったんですが、ファミレスすらない!どうなんとんのじゃーと、やけっぱちで入ったのが「食事処なごみ」!入り口の「大えび天丼」ってのが気になります!

20070429-06.jpg

メニューをみたら「馬刺し」もあって、速攻で「大えび天丼」(1本)といっしょに注文しちゃいました。ほぼ初めて食べる「馬刺し」でしたが、鯨やイノシシにくらべると、味も爽やかで癖も思ったほどなく美味しかったです。この手のお肉好きにはお薦めです。

20070429-05.jpg

そして、こちらがメインの「大えび天丼」!
確か1200円くらいだったと思います。これはえびが1本なんですが、2本入りの1480円というのもありまして、いや、もう、1本でもお腹いっぱい!本当に「喰った!喰った!」という感じでした。



■川中島の古戦場跡(八幡原史跡公園)

20070429-08.jpg

本日、午後2時過ぎ、最後の場所、川中島の古戦場跡(八幡原史跡公園)までやって来たのですが、駐車場についた途端、大粒の雨に降られまして…なんとか合戦図の写真は撮れたものの…

20070429-09.jpg

雨に打たれながら、園内にある八幡社の境内前の「信玄・謙信両雄一騎討ちの像」の前でニニさんの写真を撮ったのですが、画面が真っ暗…。おまけに持って行った軍配を落とし傷までつける始末!仕方ないので、明日また来ることにして、隣の「長野市立博物館」で行われている大河ドラマ「風林火山」特別企画展『体感!川中島の戦い2007』に行くことにしました。

<参考>八幡原史跡公園(川中島古戦場) /【川中島の戦い】史跡ガイド



■原大隅守虎胤ゆかりの「執念の石」

20070429-11.jpg

20070429-10.jpg

長野市立博物館に行く前に「信玄・謙信両雄一騎討ちの像」の隣にある八幡社の前の「執念の石」を撮影しました。

第4次川中島合戦の際、武田軍本陣の信玄めがけ上杉謙信が切り込んできたのですが、謙信の鋭い太刀を、信玄は手にした軍配団扇で受け止めます(これが先程の像)。しかし信玄は腕に傷を負ってしまいます。急を見て信玄のもとに駆けつけた家臣の原大隅守虎胤(はらおおすみのかみとらたね:ドラマでは「宍戸開が演じています)が、応戦しますが、謙信を取り逃がしてしまいます。その無念さから、原大隅守虎胤が、傍らの石を槍で突き通したと伝えられるのが、この「執念の石」なんだそうです。



■「長野市立博物館」大河ドラマ「風林火山」
    特別企画展「体感!川中島の戦い」


20070429-12.jpg

場所は「八幡原史跡公園(川中島古戦場)」のお隣なので、すぐに行けます。しかし、まさかこんな素敵な企画展をやっているとは露知らず…。いやー感動しました。写真は入り口の看板なのですが、中は残念ながら撮影禁止。

入ってすぐにドラマで使用された勘助の鎧兜が飾ってあり、それぞれの登場人物の紹介、歴史などをグラフィックとジオラマで紹介!ドラマファンには「亀ちゃんとガクト」のメイク無しのインタビュー映像も見られるコーナーもあり、それぞれが自分の演じている役について熱く語っていて興味深かったです。コーナーの最後には、勘ちゃんの眼帯、晴信の軍配、由布姫の鈴…などが飾られ、キャスト20人分くらいのサインも飾ってありました。ドラマで使っている槍や火縄銃にも触れて楽しかったです。



■そばが美味しかった!「そばきりみよ田」

20070429-13.jpg

「長野市立博物館」からちょっと走りまして、予約を入れてあった長野駅近くの「ホリディ・インエクスプレス長野」に到着したのが5時前。ちょいと疲れましたが、夕飯を食べに長野駅に向かったのですが、思った以上に寒い!そこで駅ビルにある「無印商品」でシャツを買いトイレで着替えて、再び「お店」探しに…。しかし、またしても良さそうな店がなかなかみつからず、駅→ホテル→駅と方向を変え探すこと30分…。

駅から徒歩3分の「長野第一ホテル1F」にある「そばきりみよ田」というお蕎麦やさんをみつけ入ったところ、これが当たり!!蕎麦に天ぷら、ミニトロ丼で1500円はしなかったと思います。この他に「豚の角煮」も頼んじゃいました。どちらかというと「蕎麦屋」と言うより「ダイニングバー」といったお洒落なお店でした。

コンビニでデザートを買い、9時前にホテルに戻りました。
デザートを食べながらテレビを見て就寝。明日はいよいよ勘ちゃんのお墓に行けるんだわー!

posted by マクノスケ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。